古康の主にプチコン日記

プログラム初心者がプチコンに挑むお話

其の四

「変数」

A=10

さぁこれが今回お話する「変数」です。

なんだかよくわかりませんね。ではとりあえず

A=10

PRINT A

と打ち込んでみましょう。

実行してみると、

10

OK

と表示されます。

変数はしばしばバケツに例えられるそうです。

この場合、Aというバケツに10と書いたメモを入れた状態になります。

そしてPRINT Aのように今までのPRINT命令とは違った書き方で命令を出すことによって

バケツAの中身が取り出されるのです。

しかし、

A=HATENA

PRINT A

こうやっても

OK

と表示されます。このままだと文字は変数に入れられないのです。

こういうときは、

A$="HATENA"

PRINT A$

としてみましょう。

HATENA

OK

今度はちゃんといったみたいですね。

文字を変数に入れる場合、

バケツ、つまり名前のほうに$をつけ、文字を" "で囲むことで同じように出来るのです。

この書き方は意外と忘れやすいので覚えておきましょう。

ちなみに名前のほうはアルファベット限定で8文字までのようです。

 

「LOCATE」

ロケート命令、

ロケーションという言葉がありますね。位置取りなどの意味があります。

ロケートはそのロケーションの原型の言葉です。つまりロケートは位置を決める命令です。

CLS

LOCATE 2,5

PRINT"HERE"

と打ってみましょう。

 

 

 

 

 

  HERE

OK

のように、LOCATEは後に来るPRINT命令がプリントする位置を変えることができるのです。

先に来る数が横、後に来る数が縦の列を操作します。

残念ながらそれ以降はまた一段目からになるらしいですね。

と、ここで注意ですが、LOCATE命令で指定される位置、最初に0があることを忘れてはなりません。

横は32マス分、縦は24マス分あるのですが、縦横共にマスは0から数えられるので

横は0~31、縦は0~23の数字を使って位置を指定することになります。

一番左上から書きたい場合、

LOCATE 0,0

にしないといけません。ご注意ください。

はい、今回は内容が浅いですがここまでです。

だんだん説明力が衰えている気がするのですが、なんとか

頑張っていきたいです。では。