古康の主にプチコン日記

プログラム初心者がプチコンに挑むお話

其の一

はいというわけでさっそくやってまいりましたふるやすです(棒

でまぁ今回はまだ編集モードとかは使わない簡単なモノをします。

「PRINT」

これを使うと画面に文字を書き込むことができます。

実行画面で

PRINT"OBAKE"

と打ち込みエンターキーを押すと上画面に

OBAKE

OK

というように表示されます。

試した結果PRINTと"の間は何マスか空けてもよさそうです。

編集モードで同じ様に打ち込んでから実行モードでRUNと打ち込むことで同じように

文字を表示させられます。長いプログラムのときに使うんですかね。

「BGMPLAY 」

続いてはBGMをかける方法です。

実行モードで

BGMPLAY 0

と打ち込むと0番の曲がかかります。

BGMPLAYの後に一マス空けるようにします。

曲は元から入っている30曲、自分で作った曲127曲の合計157曲…で合ってますよね。

元から入っている曲は0~29番に、自分で作曲した曲は128~255番にあります。

また、mkⅡのほうだとトラック番号とトラック音量を指定することもできるようになっています。

BGMPLAY 1,18

と打ち込むとトラック1で18番の曲が再生されます。

さらに18番の曲をかけたまま次の行に

BGMPLAY 2,4,50

と打ち込むと18番の曲も再生しながらトラック2で4番の曲が音量50で再生されます。

トラックは0~7、トラック音量は0~127まであります。

一曲しかかけない場合は

BGMPLAY 0

これで結構です。

BGMPLAYと曲番号の間に一マス開ける以外はマスを空ける必要はありません。

まぁこれは実際に試してみるといいでしょう。

もちろんこの命令も編集モードで同じように書くことで同じく

曲をかけることができます。試してないけど。

…以上で今回の説明を終ります。

どうでしょう、初心者もいいとこですね…

普通ならこんな説明書に載ってるようなこと書きませんよね…

じ、次回からは!多分!!本格的に!!!取り組むつもりです!!!!!

 

 

自信はありません。

で、ではこの辺で!

追記

プチコン:初心者むけ講座

このページを見ると私の説明よりはるかに解りやすいです。

左上のプチコンとかいたマークをクリックすると

プチコンのホームページにもいけます。

それだけです